<< 「わかりやすく大変」って実はけっこうありがたい。 | main | 今日の雰囲気 まとめ’17−10(2/16〜2/20) >>

名前のはなし。

15日の雰囲気。

月は天秤座。バランス力が高い時。やる気があるのは良いけれど、空回りしないように気をつけましょう。

1人で突っ走らないで、話し合いや事前のチェックをしっかりと。

適切な助言をくれる人にも出会えそうです。

 

***

 

今日は名前の話です。

神谷樹の、「神谷」は占いのお仕事を始める時につけた苗字ですが、名前の「樹」とはずいぶん長い付き合いになります。

始めてそう名乗ったのは、もう30年近く前。

今で言う「薄い本」を作っていた時の名残です。夏と冬は晴海に通っていました(笑)

当時、流行っていたアニメから始まって、某長編小説とか、その後、追っかけをすることになるバンドの本とか。

途中からバンドの追っかけの方が楽しくなっちゃって、本は作らなくなったのですが、

当時の友人たちがずっと「樹」と呼んでくれているので、いつのまにか私の第二の名前みたいになっています。

占いのお仕事を始めると決めた時も、名前はこれ以外考えられませんでした。

むしろ本名よりも落ち着くし、しっくりくる感じ。

お仕事始めて、色々な方が「樹さん」と呼んでくれて、やっと名前が自分に帰ってきた気がしています。

 

初めて玉紀先生に算命学で観てもらった時に、この名前は狙ってつけたの?みたいな事を聞かれました。

その時は???だったのですが、今はこんな風に解釈しています。

私の中心星は玉堂星(水の陰)で、社会面である東側が調舒星(火の陰)です。

この二つは水剋火といって、自分のちょっと変わった自由な精神を、常識や正論で抑え込んじゃってる感じ。

これが私の持ってるスタンダード。

で、「樹」って名前はそのまま「木の陽」ですね。

水と火のバチバチに木が入ると、水は木を助けて、木は火を助けます。

自分実感では、自分の中の葛藤が上手く消化されて外に流れていくようなイメージ。

実際、この名前で呼ばれていた若い頃、すごく気持ちが自由だった気がします。

結婚して子供を産んで、ずいぶん長い時間がたちましたが、

やっと名前が帰ってきた今、若い頃とは違う自分らしさをだしていきたいなぁと思います^^

 

 

昨年夏にたりゼミ!でご好評いただいた、「ひまわり占星術」(月からみる親子占星術)講座を再び開催します。

自分が無意識に子どもに対して求めてしまうもの、その子にとっての自然なあり方、

その辺が見えてくるだけでも、子どもとの関わり方が楽になってきます。

子育てのヒントにどうぞ!占星術初心者さま歓迎です^^

3月6日(月)11:00〜13:00 「ひまわり占星術=育つ力を見守る占星術」

じわじわお申込みいただいて、残席2名様です♪

詳しくはこちらまで!!

 

そして夏に続きまして、星詠みたりあさんの新企画「解体新書」に参加させていただきます♪

3月29日(水)13:00〜16:00 池袋

テーマ : ひまわり占星術ができるまで 

詳細が発表されたら、またこちらでもご案内します♪お待ちくださいませ☆

 

次回のウラナイトナカイは、2月18日(土)11:00〜16:30になります。

平日のカフェ鑑定も承っていますので、お気軽にお問い合わせください(^^)

2月鑑定 お申込み♪

| その他占いのおはなし | 03:05 | comments(0) | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM