スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 5/28、ウラナイトナカイでお待ちしています^^ | main | 水晶リーディングで観ていただきました♪ >>

子育て占星術で助かったこと

29日の雰囲気。
6時頃から、月は魚座。無意識から大事な物を引っ張り出すような日。
自然の中で過ごしてみるとか、ここではないどこかに意識をむけてみると良いかもしれません。

***

残席2名になりました!ありがとうございます^^
たりゼミ!ひまわり占星術=育つ力をみまもる占星術

占星術を学んでいて、子育てで助かったこと。

1、その子のベース(譲れない部分、安心するにはどうしたら良いか)がわかる。
これ大事です。月の年齢域(0〜7歳)は、まだ魂のへその緒がつながっている状態。
いつでもペタッと甘えたい子もいれば、かまって欲しいときだけくっついてきて、後は放っておいて欲しい子もいます。
私が占星術に出会ったのは、末っ子出産後だったので、もっと早く出会いたかったなぁと、いつも思います。

2、進みたい方向(伸ばした方が良い方向性)がわかる。
これは水星や太陽ですね。
月牡羊座長男は、水星が山羊座。衝動的な行動が多かった長男ですが、水星期(8〜15歳)に入ってだいぶ落ち着きました。
周りの人が理解できる言動を心がけよう!を現在も頑張っています。
月も水星も獅子座の次男は、ゴツゴツ原石みたいな獅子座をどう磨いていくか。
はりぼてみたいなプライドではなく、自分で努力した結果の自信をつけてくれればいいなぁ、と思っています。
現在、泣きながら奮闘中。

3、その子その子にあった子育てを考えることが出来る。
自分の価値観だけで育てると、一見平等に育てているようにみえても、子どもによって楽だったり息苦しかったりします。
本当の平等って、それぞれが成長しやすい環境を作ることじゃないかと思います。(と月水瓶が申しております)

偉そうな事を書いていますが、あくまで目指しているのであって、実際は失敗も多いし、毎日試行錯誤しています。
子どもと一緒に泣くこともしょっちゅう。
子どもからみれば、ただの口うるさいおかんです。
それでも行き詰ったとき、チャートを観て、視野を広く物事を捉えられる占星術ってホントに素敵だなと思います^^

6月5日の講座は、参加者の皆様の月の話もシェアしながら、月に深く向き合ってみたいと思います。
ご興味のある方は、ご検討くださいませ♪
たりゼミ!ひまわり占星術=育つ力をみまもる占星術


6月の鑑定 ご案内をUPしました!
平日のカフェ鑑定も承っていますので、お気軽にお問合せください^^
5月鑑定お申込み♪
6月鑑定お申込み♪
| 星のおはなし | 01:07 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 01:07 | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM